スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/25 GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2011-2012“RED MOON & SILVER SUN”@福岡サンパレス

◆SET LIST
01.My Private“Jealousy”
02.More than Love
03.everKrack
04.MERMAID
05.ASHES-1969-
06.キリノナカ
07.風にひとり
08.月に祈る
09.Apologize
10.つづれ織り~so far and yet so close~
11.MIRROR
12.MAD BREAKER
13.嫉妬
14.FAME IS DEAD
15.Ruby's Blanket
16.latour~震える拳が掴むもの~
17.生きてく強さ
EN
01.coyote, colored darkness
02.SHUTTER SPEEDSのテーマ
03.HIGHCOMMUNICATIONS

◆感想
本当に本当にありがとう!!!!!
テルさんも私も大号泣!この13年で約150本ライブ行ってるけどこんなに泣いたの初めて。
1年ぶりでこの1年の哀しみと怒りは全部ふっとんだ。もう笑顔しかない。

絶好調の声やミスのない演奏が聴きたいなら音源聴けばいい。愛情が込もっていてそれがオーディエンスに伝わったならライブとして成功だろ。
「声が割れてもみんなを幸せにしたいから、どこまでいけるかわかんないけど叫ぶ」
こんなこと言ってくれるボーカリストが他にどこにいる。

GLAYのツアーって全国に笑顔を配達してるみたい。
愛情という温もりに包まれると人は笑顔になるし他人にも優しくなれる。
メンバーやスタッフはもちろんGLAYファンの温かさは他ではなかなか感じられない。

バンドとファンが相思相愛だからこそ作り出せる愛情溢れる空間。
顔ファンだろうとガチ恋だろうといいと思う。バンドすべてを引っくるめて大事にしようという気持ちさえあれば素晴らしい景色が観られる。

愛情を感じて初めて他人を愛せる。だから愛情をたっぷり注がれて育った人は優しい。
ファン層が若いバンドにありがちな揉め事ってやっぱり今の若い子達が愛情不足だから思いやりが足りないんだと思う。
GLAYファンはGLAYに充分すぎるほどの愛情をもらっているからあんなに優しいんだよね。

愛情溢れる帰る場所がある事は本当に幸せな事。実家に帰ってもそう思う。
GLAYという安心して帰れる場所があるから、こうしてその後輩や更にその後輩にまで思う存分バンギャやっていられる。
バンド人生の始まりがGLAYで本当に本当に本当によかった!
スポンサーサイト

tag : GLAY

     
CALENDAR
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
CATEGORY
MONTH
USER TAG

BORNBRZKraLycaonSCREWjkbSOPHIAMEJIBRAYMoranBlu-BiLLioNダウトGLAY摩天楼オペラDaizyStripperViViDDEZERTSadieABCB'zシドyou金爆defspiralJDAMICHAELAKIHIDEA9Rayflower稲葉浩志RENO

SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。